2017年12月10日日曜日

ハーモニカのコンサート

12月10日(日) 9日のコンブリオコンサート

 昨日、午後から春日台商店街の一角にタウンカフェで、ハーモニカのコンビリオコンサートに誘われで行ってきました。映画の会の柳石さんと2人の仲間3人で作ったグループだそうです。小さな喫茶店なのでお菓子・コーヒー付で久しぶりにゆったり聴きました。
 ハーモニカの師匠である岡本さんの案内でハーモニカの種類や曲についての解説つきでした。途中で、クイズに当たった一人に「1オクターブ8音で多くの曲が吹ける超小型C調ハーモニカ」を下さるという趣向の問題がありました。問題は岡本さんが持っているハーモニカの穴はいくつあるか、の質問に3択で私も含めて4人ぐらいが勝ち残り、政界は192こ。世界で初めて行った宇宙飛行士が弾いた曲は何か、との問いに私はなんとなく「聖者の行進」に手をあげ、当選。ハーモニカのアクセサリーをさっそくつけてみました。最後にハーモニカの演奏で希望をみんなで歌って終了。たっぷり楽しめたコンサートでした。

 

郵便局との減災・防災教室

   12月10日(日)
昨日は、一般財団法人関東地方郵便局長協会とASVNとの共催で、愛川郵便局の特設会場で、
減災・防災教室があり、お手伝いをしてきました。前日準備はできなかったので当日のみの参加でした。郵便局長さんたち10名ぐらいと私たちのメンバー10名ぐらい、教室参加者が15名で、充実した教室だったと思います。私の担当は減災・防災クイズでしたが、参加者の皆さんはよく知っていて、次はもっと別のクイズが必要かなと思いました。
 今回、私が気に入ったのは、ただ話を聞くだけでなく、後半は新聞スリッパを作りペットボトルの蓋のところを歩いてみるだけでなく、水が出なくなったとき、自分の家での用をたしたときの処理の仕方やペット用シートの活用、おむつの作り方、発熱した時の熱冷シート作り、食料のローリングストックの仕方、太陽光による非常用発電のキットなどの紹介など実際に自分で目で見て確認することができたたことでした。これまでもやってはいましたが、もっと体系的になったかな。


 

2017年12月8日金曜日

相模原市緑区の埋め立て地はほとんどはげ山

 12月8日(金)

 昨日、相模原市緑区の共産党議員田所さんから電話。私が志田山残土崩落問題を一般質問で取り上げたことを知り、その反対側で今同様な残土埋め立てて牧場を作る計画が持ち上がっているとのことで,愛川の要望を知りたいとのことでした。
 埋め立てる残土は100万㎥というとてつもない大量の土です。これはもしかしたらリニアを作るための残土の処理かもしれないといいます。私もそんな気がします。今、相模原市の残土条例はとても厳しいものになっていて、100万㎥なら補償金4億3千万円ぐらいを市に出さなければならないそうです。しかし、そんなことは気にならないようで、それ以上に儲かるのではないかと。

 相模原市は以前から、残土埋め立てが盛んにおこなわれ、多すぎてパトロールがままならないようです。しかも、埋め立てられた谷戸はほとんどはげ山で、草木が生えていないそうです。なぜかというと、埋め立てた業者が姿をくらまし、管理をしなくなるからとのこと。志田山の残土崩落も、管理の問題でしょうね。草の種まいてもきちんと管理しないと草木は生えてきません。そこをもっと強調すべきでした。


2017年12月6日水曜日

町営住宅跡地の枯草が処理されてきれい!

12月5日(水)一般質問終わる
4日の月曜日、夕方お茶のコーヒーとお菓子を食べた後、何か違和感があったのです。そしたら激しい嘔吐と下痢に襲われ、何度か重ねたら吐き出すものがなくなった感じ。不安なので何も食べずに、風呂も入らずに就寝。翌日からは一般質問が始まります。大丈夫かどうか、一抹の不安がよぎりましたが、登庁。なんとか、この日はぐったりしながらもみんなの質問を聞くことができました。問題は5日の自分の番です。この日、まっすぐ帰り、床につきました。早く寝たかいもあって、5日はすっきり。
 私は一番めで1時間ぴったりでした。予定していた質問もすべてやることができました。

          枯草の処理はきれいに  
 3時半ごろ終わったので、町営住宅の指摘したところがきれいになっているか、見回りに。田代の平山住宅跡地と半原の原臼住宅跡地はきれいに刈り取られていました。職員の皆さん、総出でやってくれたんでしょうね。ごくろうさま。田代の木の内側の枯草も除去されてました。駐輪場はこれからですね。これは時間がかかるかもしれません。 

2017年11月30日木曜日

「知っておきたい!お薬の基礎知識」講座

  11月30日(木)
             1日も早くきれいに
 町の担当職員へ町営住宅を見回ってきて、町の管理の気になるところを写真で見せて、ぜひ改善してほしいと伝えていました。田代住宅を見ると、草を刈って置きっぱなしの写真のところはきれいになっていましたが、木を囲んでいる低木(つつじかな?)の中の枯れ木はそのままでした。自転車駐車場はこれからやるのでしょうか。平山住宅や原臼の更地にしたところは草がぼうぼうだったらしく枯草でいっぱいでした。対処は早い方がいいですね。
     


   10月29日(水) 知っておきたい!お薬の基礎知識
~お薬の常識・非常識 そしてジェネリック医薬品
という題で、神奈川県厚木保健福祉事務所環境衛生課の高橋さんより、上記の題でのお話を聞きに行ってきました。20名はいたでしょうな。こういう講座はなかったので、とても新鮮。意外と薬のことは知らないで過ごしていました。
 印象に残ったのは、医薬部外品とは何に効くとは表示できず、予防に重点を置くもの。新薬の開発は20~25年と長い時間とおよそ500億円ぐらいかかるようです。町では安いジェネリック医薬品をすすめたいが、お医者さんがすすめるまでにはなっていないので、自分でそういうカードを示すことで処方してもらえばいいとのこと。
 気になって質問したことは、お薬手帳を忘れたときに ある方は薬局によってシールを渡してくれるところとそうでないところがあるということでした。担当者は最近法律が変更になって、お薬手帳がないとシールを渡さないことになっているが、渡す薬局は自前でやってくれているとのことでした。知らなかったですね。


2017年11月28日火曜日

町営住宅8か所中5か所を見回り

 11月27日(月)

午前中は共産党議員団会議でした。
午後から3人の議員団で、町営住宅の 8か所のうち、田代、田代・平山、原臼、桜台、諏訪の5か所を見てきました。田代住宅では草を刈った後そのままにしてあったり、自転車置き場2か所に自転車は10台ぐらい、パンクかどうか不明ですが使用できなくなっていたり、バイクも5,6台使用できずに放置されており、また修理中なのかマフラーが3個かけてあり、修理ボックスがあったり、私物化している様子が見えました。原臼は1棟16戸の隣設する場所には道路の両側に2か所空き地があり、草ぼうぼう、田代平山住宅は今年更地になった場所はきれいでしたが、他のところは草ぼうぼうでした。管理が行き届いていない様子でした。
 諏訪も一部樹木を切った形跡がありますが、キューイの木やそのほかの木が大きくなって庭や玄関を覆っているところ、2階のガラス窓が割れ、下の庭にはごみの入った車が放置されているところ、玄関がススキなどの草だらけで人が入っている様子がないところなど、やはり管理が悪いところがあり、とても残念でした。

途中、半原の山々の紅葉は織りなす錦の色でとても美しく見えました。こんな姿は久しぶりです。慌てて車中からシャッターを切りました。

                     

2017年11月25日土曜日

第13回愛川町合唱祭を鑑賞

 
   11月24日(金) リンゴ買いへ立科町へ
 昨日は、会派「未来・絆」のみなさんと一緒に、立科町のリンゴ購入に出かけてきました。天気も良く、おいしいリンゴに出会えて最高でした。昨年は雪で行けず、後日に出かけたKさんに買ってきていただきました。
 野辺山付近は小雪が舞い散りましたが、平地は全然でした。下記の写真は途中で眺めた富士山です。



             地域医療懇話会
 夜7時から、地域医療懇話会の会議があり、国保運営協議会委員長として出席しました。昨年は私が会長で進行を 務めたのですが、ほとんど質問がなかったのですが、今回は
私も含めて質問をすることで町から補助金を受けている愛川北部病院への理解が深まったことは確かだと思います。



11月25日(土)   愛川町合唱祭
 午後すぐに、町営諏訪住宅の状況について、再度お隣の方などに訪問してお話を聞きました。その後、町文化会館での合唱祭を鑑賞してきました。
 後半部分でしたが、それぞれのグループの特徴が表れている発表でした。かえるの学校はとても可愛らしく 、動きもあって魅力的でした。コールウイアという厚木で練習しているアカペラのグループはまさに体を媒体にして発声しているという感じが良くつかめました。最後の混声合唱団は人数も多く重量感があり、合唱団らしく素晴らしい歌声でした。
最後にみんなで歌った「もみじ」で、盛り上がりました。